忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今、僕は死ぬまでの目標に向かって日々生きていると人に言える。一方、なにも考えず、なんの哲学も模索せず、ただ思い立った安易な考えにだけ浸っていた高校時代のクソ人間の僕。そんな僕しか知らない高校時代の友人たち。高校を卒業してからの僕は急激に考え方を変化させてしまい、高校時代の友人から観た僕と、今の僕から観た僕は大きく異なっている。

親友と呼べるような友人とは、年に1度程度の集まりにて顔を合わせ、消極的な参加度だけど良くやっていると思う。ここで言う友人たちとは、高校時代のクラスメイトやフットサル友達のことである。当たり前だが、当時は毎日顔を合わせ、いわゆるグループを形成し、昼ごはんやら放課後やら修学旅行やらの青春を一緒に過ごした。しかし、高校卒業後、僕は彼らと距離をとり、それから数えて5年目になる。

僕にとって高校時代の自分はコンプレックスの塊であり、今思い返しても嫌な気分になることが多い。コンプレックスと言っても、僕だけにしかない特別な経験とかそういうものではなく、ごくありきたりな高校生のものだと思う。高校時代のグループの輪にもう一度入ることで、当時の自分が鮮明に思い出され、当時の自分に再会してしまう気がする。僕は当時の自分と比べて、考え方が大きく変化していることを自覚しているし、今コンプレックスと呼べるようなものはない。いまさら、そんな過去の自分を思い出したくないし、考え方を大きく変えてしまった自分を彼らにみせたくない、というか、みせたときの反応を僕が見たくないという気持ちから、あれこれ理由をつけて不参加を丸4年続け、今や疎遠としか言いようがない関係である。

そんな関係を続けてきたが、来月上旬に彼らが集まる飲み会へ参加する、かもしれない。参加することは伝えた。知り合ってから一緒に過ごした時間以上に開いてしまった空白の時間をいまさら埋め、5年ぶりに顔を合わせるなんてことは、僕としてはとても心が重いことだし、未だに本当に行くかどうか悩んでいる。今回も見送ってしまうかもしれない。高校の同窓会とか高校時代の友人たちと飲むなんてことは、普通はそんな大したことじゃないかもしれない。しかしながら僕にとっては、極度の精神力を要するような重大用事である。

どういう顔して行けばいいのだろう。本当はすごく行きたくない。しかしながら、毎回そんな僕を誘ってくれる友人らに対して感謝の思いがあるし、申し訳ないところからくる責任感をとても感じている。

映像は、当時僕が好きだったQueen、中でも好きだった曲「Somebody to Love」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
僕も来月に同窓会です。
僕のところにも高校の同窓会のお誘いが来ました…
全てが中途半端に終わってしまった高校時代。そのどうしようもない劣等感から1年間逃げて参りましたが、そろそろ向き合ってみようかなと思い参加の意思を表明してみました。
僕も正直どんな顔をして行けばいいのかわからないです。5年間も会っていなかったのならなおさらですね。
オノジ 2008/07/26(Sat)13:44:07 編集
同窓会ほど苦手なものはない
5年経ってしまうと、当時の友達のあだ名すら忘れてしまっていたよ。また、逆に僕の名前を覚えているだろうか。
そーし 2008/07/30(Wed)02:13:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
TwitPic
プロフィール
HN:
そーし
性別:
非公開
趣味:
CDを平積みする。
最新コメント
[05/15 Backlinks]
[01/18 ArnoldPlaurgy]
[01/17 MichalFluowl]
[01/17 ViktorianPeGo]
[09/20 そーし]
最新記事
最新トラックバック
(04/04)
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]