忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、就職先の内定式に参加してきました。同期のみんなと初めての顔合わせをし、今後の入社までの予定やら研修についてなどの話を聞きながら、わきあいあいと談笑してきました。面接ですでに何人かとは会っていて、知った顔になっていたので、行きの最寄駅で会ったときから、人見知りすることもなくすんなりと仲良くなってきました。特に、採用途中でのやたら長い待ち時間を一緒に過ごしたベトナム人の彼とは、一緒に受かることを互いに祈っていたので、再び会えたときはなんとなくアイデンティティーを感じました。

内定式は、とても質素というか日常的な感じで、ちゃちゃっと済まされ、研修や入社までの勉強課題、寮についての説明を受けました。入社までの勉強課題として、ごくありきたりな専門知識に関する通信教育がありましたが、重要なのは入社後なんですよ。入社後、中国とベトナムにて2ヶ月間の工場研修があるようなんですよ。工場が海外にしかないので、当然、海外研修があるとは思っていたけれど、これほど長期間の海外研修だとは思いもしなかった。海外になんか行ったことないのに、初の海外が広東省とホーチミンだなんて。今後の自分が未知すぎて入社前の不安を煽るにもほどがあるでしょ。

その後、本社から徒歩10分程度のところにある福利厚生施設に併設されている寮の見学へ行きました。来年からは寮に住む予定なので、採用面接の段階から熱心に質問などして関心を寄せていたんだけど、聞いていた感じでは、ごく普通のワンルームだとか。しかしながら、実際に自分で訪れてみると・・・入った瞬間から、そのぼろさに引いてしまった。ここは刑務所かと思わんばかりのぼろくささが発散されていて、ネタにしかならないひどさでした。部屋の片隅に便器が置いてあったとしても違和感がないようなぼろさで、かなり狭い感じのする和室の6畳一間、風呂トイレは共同、とくにトイレは小学校テイストがすごく、ポジティブな発想をもっても、どこにも良いところを見つけることができなかった。どうして、人事の人は僕にごく普通のワンルームだよと言ったんだろう。これは、僕にしてみると普通じゃない。ネタだ。

ぼろくそに言い過ぎても、今後の自分を呪うだけになるから、そればっかりじゃ良くない。実は寮は来年に新しく建て替えられることになっていて、実際に住むのは1か月程度。まあ1か月住むことすら本当はものすごく嫌なんだけど、その後海外研修を終えて日本に帰ってきたころには、新築の寮に引っ越すことになっている。ちょうどその転換期のせいで、老朽化が最大値の寮を見てしまった。その一か月我慢すればあとは新築のきれいな部屋に住み、悠々自適な自宅生活をおくれるはず。

研究のほうでは、学会を終えて今は完全にオフシーズン。毎日研究に追われていた先月までは、毎日のように卒業して会社で働くことを楽園のように考えていたけれど、そういった考えに釘を刺すように、現実味の帯びた社会人像を見せられました。それをもってしても、まだまだ働きたい欲求が収まるわけではないけれど、なにもかもうまくいくわくではなく、ある程度の覚悟が必要なんだと思いました。来年の春から夏にかけては、心身ともに試練の季節になりそうです。

追記:福利厚生施設(ジム、サークル用施設)は本当に充実していて、その点はすごくうれしかった。また、寮費が光熱費込みで格安だったし、来年の忙しさを考えると、貯金はどんどんたまるかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
TwitPic
プロフィール
HN:
そーし
性別:
非公開
趣味:
CDを平積みする。
最新コメント
[05/15 Backlinks]
[01/18 ArnoldPlaurgy]
[01/17 MichalFluowl]
[01/17 ViktorianPeGo]
[09/20 そーし]
最新記事
最新トラックバック
(04/04)
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]